Blog&column
ブログ・コラム

へのワクチンはどのくらいの時期に接種すれば良いの?

query_builder 2021/02/15
コラム
animal-cat-face-close-up-feline
を家に迎えると、まず考えなくてはならないのがワクチン接種です。
しかし小さな子を見ていると、果たしてワクチンが接種できるのかどうか気になりますよね。

今回はへのワクチン接種を行う時期について解説します。

ワクチン接種は生後2ヵ月からOK

へのワクチン接種は、生後2ヵ月程度から開始することができます。
最初のワクチンは、1ヵ月程度の間隔を開けて2回の接種が必要です。
それ以降も1年~3年に一度くらいのペースでワクチン接種を続けてください。

野良を迎えたというような事情での月齢がわからない場合も、獣医師が診察を行えば歯の生え具合などからおおよその月齢が判断できます。
まずは獣医師にご相談ください。

■どのワクチン接種をするかは獣医師と相談して決める

用のワクチンは、2種~7種の混合ワクチンがあります。
最もポピュラーなのは3種混合ワクチンですが、の生育環境や体調などによっては5種以上の混合ワクチンなど、多くの病気を予防できるワクチンが望ましい場合もあります。

どのワクチンを接種するかについては、日々のの生活スタイルを伝えた上で、獣医師の判断を仰いでください。
毎年のワクチン接種についても適切な接種時期のお知らせがありますので、定期的にチェックして最も効果的な時期に接種を行いましょう。

▼まとめ

可愛らしい子を目の前にすると、この子に注射をしても良いのか心配になるかもしれません。
しかし、人間の赤ちゃんもワクチン接種は受けますよね。
ワクチンは人間だけでなくにとっても、病気を防いでくれる大切なものです。
ぜひ信頼できる獣医師とよく相談して、適切に病気を予防していきましょう。

NEW

  • ねこちゃんのオシッコの病気が多い季節となります

    query_builder 2020/10/27
  • ペットの健康診断にかかる費用と予防接種について

    query_builder 2020/10/13
  • が食欲不振になってしまったらどうすれば良いの?

    query_builder 2020/10/13
  • を飼うための準備はどうしたら良い?

    query_builder 2020/10/13
  • の正しい飼い方とは?

    query_builder 2020/10/13

CATEGORY

ARCHIVE